通信制高校

通信制高校では友だちができない?友だちの作り方も解説!

「通信制高校では友だちができるのかな。人付き合いが苦手だから不安だ…」という方は、多いと思います。

一般的に、全日制は友だちが作りやすいです。

毎日学校に通うので、自然と仲良くなれます。

部活やアルバイトなどで、さらに交友関係を広げることもできます。

そんな全日制と対照的なのが、通信制です。

通信制は登校日数も少ないので、友だちができるか心配ですよね。

一人で学生生活を過ごすのは、少し寂しいですし。

そこで今回は、通信制高校の友だち関係について解説します。

この記事を書いている僕は、高校2年生から通信制に通っていました。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、学生生活に活かしてみてくださいね。

通信制高校では友だちができづらい

通信制高校 友だち

通信制高校では、友だちができづらいです。

理由はいくつかありますが、代表的なものは以下のつです。

  • クラスがないから
  • 登校日数が少ないから

クラスがないから

通信制には、クラスがありません。

クラスがないと、友だちができづらいです。

一般的に、クラスで一年間を過ごして仲を深めるからです。

普段の授業や学校行事など、クラスで体験することは多いです。

クラスメイトと何度も顔を合わせることで、お互いの信頼関係が築かれます。

「この生徒はこういう人だ」と分かるようになり、接し方を学べます。

自然と、自分に合う人と友だちになれるでしょう。

クラスがないと、どんな人かが分かりません。

初対面の人と仲良くなるのは、簡単ではないですよね。

距離感の詰め方に失敗して、友だちができない場合も多いです。

逆に言えば、クラスがあることで大きな利点が存在するのですね。

登校日数が少ないから

通信制では、登校日数が少ないです。

僕の学校では、月に1~2回の登校日がありました。

登校日数が少ないと、単純に会う回数が少ないので友だちができづらいです。

心理学用語で、単純接触効果というものがあります。

会う回数が増えると、その分良い印象を抱きやすいというものです。

月に1~2回しか会わない相手よりも、毎日会う相手の方が仲良くなりやすいです。

通信制のシステム上、簡単に友だちができるわけではないのですね。

僕自身、一度話したけれど疎遠になった生徒も多いです。

会わない期間が長くなると、何を話せばいいのか分からなくなります。

3年間友だちができない生徒も、たくさんいましたよ。

通信制高校で友だちを作るにはどうすればいい?

友だち 作り方

では、通信制高校で友だちを作る方法を解説します。

以下の3つの方法を実践すれば、友だちが作りやすいですよ。

  • 登校日数が多い高校を選ぶ
  • 学校行事に積極的に参加する
  • SNSを活用する

登校日数が多い高校を選ぶ

友だちを作るには、登校日数が多い高校を選ぶべきです。

学校の友だちと会う機会が、増えるからです。

通信制の中には、週3~5日登校する高校もあります。

先ほども言いましたが、会う回数が増えるほど好印象を与えられます。

月に数回しか登校しない場合よりも、仲良くなりやすいです。

友だちに発展する可能性も増えるでしょう。

ズバット通信制高校比較

登校日数が多い高校を探すには、ズバット通信制高校比較がおすすめです。

エリアで高校を検索し、高校ごとの登校日数を確認できます。

コースやキャンパスなどの情報も見ることができ、自分にあった高校を探せます。

気になった高校があれば、無料で資料請求もできます。

届いた資料を比較して、理想的な高校を探してくださいね。

最終的に、学校見学に行って雰囲気を確かめるのも大切ですよ。

通信制高校に無料で資料請求する!

学校行事に積極的に参加する

学校行事に積極的に参加するのも、大切です。

行事を通じて、友だちができやすいからです。

現代の通信制は、学校行事が充実しています。

体育祭や文化祭はもちろん、宿泊学習や職業体験など幅広く用意されています。

将来に役立つ上、友だちとの仲が深まるのは一石二鳥ですね。

学校行事の感想をLINEで話しているうちに、遊びに出かける約束もできそうです。

仲良くなった後は、次の約束を取り付けるようにしましょう。

SNSを活用する

友達作りでは、SNSを活用するのも大切です。

ほとんどの高校生が、TwitterやInstagramなどのSNSを利用しています。

通信制の生徒も例外ではなく、SNS利用者です。

学校名で検索すると、本名でSNSを利用しているユーザーが出てきます。

フォローした後、自分から絡んでみましょう。

SNSで仲良くなれば、学校でも話しかけやすくなります。

対面のコミュニケーションよりSNSでのやり取りの方が、気が楽ですし。

また、学校のLINEグループがある場合もあります。

他の生徒がLINEグループの話をしていたら、話しかけてグループに招待してもらいましょう。

LINEでのやり取りを通じて、気がある友だちを見つけられるかもしれません。

通信制高校では友だちがいなくても問題ない

友だち いなくても問題ない

通信制高校では、友だちがいなくても問題ないです。

通信制では、一人で過ごす生徒が大半だからです。

先ほど紹介したように、通信制では友だちができづらいです。

一人で授業を受けたり、ご飯を食べてもまったく違和感がありません。

一人行動が、当たり前の学校なのですね。

もしあなたがぼっちになっても、浮くことはないですよ。

友達付き合いが苦手なら、無理をする必要はありません。

ありのままの姿で過ごすのも、大切です。

頑張って友達の輪に入ろうとしても、疲れてしまいますからね。

一番重要なのは、無事に高校を卒業することですよ。

まとめ

まとめ

以上が、通信制高校の友だちに関する記事でした。

通信制では、友だちができづらいです。

クラスがないですし、登校日数も少ないからです。

一人で過ごす生徒も多いので、無理に友だちを作る必要はないでしょう。

友だちが欲しい場合、学校行事に参加したり、SNSを活用するのもアリです。

今回紹介した方法を使えば、友だちができる確率は上がります。

友だちと学生生活を過ごしたい方は、参考にしてみてくださいね。