通信制高校

通信制高校の体育は楽ちん。運動が苦手な生徒も安心ですよ。

「通信制高校の体育について知りたいな…」という方は、多いと思います。

ほとんどの通信制では、単位取得のために体育が必要です。

レポート課題と同時に、体育の実習を行います。

しかし、激しい運動をすると考えると憂鬱ですよね。

自分だけ授業についていけないと、辛いですし。

そこで今回は、通信制高校の体育について解説します。

この記事を書いている僕は、高校2年生から通信制に通っていました。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、学生生活に活かしてみてくださいね。

通信制高校の体育は楽ちんです

通信制高校 体育

通信制高校の体育は、とても簡単です。

運動がまったくできない方でも、安心して授業を受けられます。

理由はいくつかありますが、代表的なものは以下の2つです。

  • 簡単な種目を行う
  • 運動が苦手な方も多い

簡単な種目を行う

通信制の体育は、簡単な種目を行います。

グラウンドや体育館が狭く、十分な場所が取れないからです。

僕が2年間で受けたのは、体力測定とバレーボールだけです。

体力測定と言っても、シャトルランなど辛い競技はやりません。

腹筋や握力測定など、簡単に行えるものばかりです。

体力に自信がない生徒でも、安心して受けられます。

むしろ、適度な運動をすることで気持ちがスッキリしますよ。

運動が苦手な生徒も多い

通信制には、運動が苦手な生徒が多いです。

不登校や引きこもりを経験した方も、いるからです。

なので、あまり厳しく指導されることはありません。

ゆるーく運動を楽しむレベルです。

細かい技術指導などもないので、気楽に受けてください。

出席するだけで単位が貰えるので、楽な授業とも言えます。

通信制高校の体育では友だちができやすい

体育 友だち

通信制高校の体育では、友だちができやすいです。

生徒同士で交流できる、限られた機会だからです。

他の授業は、先生の話を聞いてプリントを埋める作業です。

たまにグループワークもありますが、年に1回あるかないかです。

基本的には、座学の授業をひたすら受け続けます。

これでは、簡単に友だちは作れませんよね。

一方の体育では、運動を通じて直接コミュニケーションを取れます。

授業中に友だちができる確率も、かなり高いです。

一度友だちができれば、その後の学校生活が楽しくなります。

体育は友達作りの貴重な機会なので、できるだけ参加するようにしましょう。

通信制高校の体育はどんな服装で出席すべき?

体育 服装

通信制高校の体育は、服装自由な場合が多いです。

動きやすい服装ならば、何でもOKです。

前の学校のジャージなどがあれば、それを着ましょう。

Tシャツや短パンでも出席できます。

体育の授業は、年に2~3回しかありません。

わざわざ購入せずに、ある服を着るので十分です。

もちろん、革ジャンやジーパンでは厳しいですよ。笑

通信制高校の体育は欠席もできる

体育 欠席

通信制高校の体育は、欠席もできます。

体調不良や特別な事情がある場合は、仕方がないからです。

先生に見学する旨を伝えれば、見学で単位を取得できます。

どうしても体育に参加したくない方は、欠席するのもアリでしょう。

実際、僕の学校でも1割前後の生徒が欠席していました。

中には「明らかにサボりだろうな…」という生徒もいましたw

ただ、先生たちも優しいので問い詰めるようなことはしませんよ。

まとめ

まとめ

以上が、通信制高校の体育に関する記事でした。

通信制の体育は、かなり楽ちんです。

簡単な種目を行いますし、運動が苦手な生徒にも配慮されているからです。

気軽に身体を動かす感覚で、参加できますよ。

また、体育を通じて友だちもできやすいです。

通信制は生徒同士の関係性が希薄なので、友達作りの機会は貴重です。

今後の学生生活を楽しむためにも、体育に参加してみてください。

一生モノの友人ができる可能性もありますよ。