エンジニア

新卒未経験の僕がエンジニア就職した方法【3つの手順を踏みました】

「現在就活中で、エンジニアを志望している。新卒で未経験でもエンジニアになれるのかな…」という悩みのある方は、多いと思います。

エンジニア就活をしていると、未経験可の求人が少ないことに気づきます。

新卒未経験だと、エンジニアになれないのか不安になりますよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 新卒未経験の僕がエンジニア就職した方法
  • 新卒未経験でエンジニア就職して思ったこと

この記事を書いている僕は、2020年3月にIT系の専門学校を卒業しました。

現在は、都内のIT企業に勤めています。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、エンジニア就職に活かしてみてくださいね。

新卒未経験の僕がエンジニア就職した方法

新卒 未経験 エンジニア

では、新卒未経験の僕がエンジニア就職した方法を紹介します。

以下の3つの手順で行いました。

  • 基礎知識を身に付ける
  • ポートフォリオを作成する
  • 就職エージェントに登録し面接を受ける

また、僕が志望したのはフロントエンドエンジニアです。

エンジニアの種類によって就職までの手順は多少異なりますが、大まかな流れを掴むことは可能でしょう。

基礎知識を身に付ける

まずは、基礎知識を身に付けました。

僕はIT系の専門学校に通っていたのですが、JavaやC++などを学習していたので、フロントエンドの知識はほぼありません。

(理系受験するのに文系科目を選択していた感じです。)

意欲だけで採用されるのは難しいと感じたので、基礎知識を身に付けました。

独学

具体的には、独学でHTML,CSSやBootstrapなどを学習しました。

利用したサービスは、Progateドットインストールです。

どちらもプログラミング学習サービスで、月額1,000円で動画が見放題になります。

安価でプログラミング学習ができるので、お金がない学生にはピッタリです。

Progateとドットインストールを2週くらい行えば、その言語の基礎は身に付きます。

Progateは完全初心者、ドットインストールは脱初心者レベルなので、Progate → ドットインストールの順で学習すると効率的です。

その後、参考書などで知識を深めれば完璧ですね。

プログラミングスクール

お金に余裕のある方は、プログラミングスクールに通うのもアリです。

プログラミング学習をしていると、必ず分からない部分が出てきます。

その都度調べてもいいのですが、手間がかかりますし、100%解決するとは限りません。

実際僕も、イライラしながら検索していました。笑

プログラミングスクールには講師がいるので、分からないことはすぐに質問できます。

完成されたカリキュラムを元に学習するので、授業にも無駄がありません。

お金に余裕があるならば、プログラミングスクールに通うのが一番の近道です。

TechAcademy

おすすめのプログラミングスクールは、TechAcademyです。

オンラインで完結できるので、どこでも学習可能です。

1週間無料体験を行っているので、試してみるのが良いでしょう。

合わなければ辞めれば良いだけですし。

無料でTechAcademyを体験する!

ポートフォリオを作成する

次に、ポートフォリオを作成しました。

ポートフォリオとは、面接時に提出する作品集のようなものです。

エンジニア面接では、ポートフォリオが必須です。

人柄や清潔感なども見られますが、一番重要視されるのがスキルだからです。

面接ではスキルを測れないので、ポートフォリオを参考に技術レベルを判断するというわけです。

逆に言えば、ポートフォリオを提出しなくても内定を貰える企業は、やめた方が良いです。

僕自身経験していますが、ポートフォリオを提出しなくて良い企業はSESでした。

SESについての説明は省きますが、簡単に言うと派遣社員のようなものです。

誰でも働けますが、スキルアップを目指すのが難しいので、あまりおすすめはできません。

就職エージェントに登録し面接を受ける

最後に、就職エージェントに登録して面接を受けました。

就職エージェントは、企業と就活生を繋ぐ仲介の役割を果たしてくれます。

希望条件に合う企業や、模擬面接など就活に関するさまざまな対策を行ってくれます。

マイナビなどに登録して自分で企業を探すのも良いですが、どうしても手間がかかります。

企業選びは就職エージェントに任せて、自分はスキルアップに励むのが効率的です。

就職エージェントは、キャリアチケットキャリアチケットに登録すれば間違いないです。

キャリアチケットは13万人が登録しており、就活性の4人に1人が登録していることになります。

最短で3日で内定を獲得した学生もおり、優れた就活エージェントと言えます。

無料で利用できるので、就活の流れを理解する意味ため、話を聞くだけでも損はありませんよ。

無料でキャリアチケットに申し込む!

新卒未経験でエンジニア就職して思ったこと

エンジニア 就職 思ったこと

次に、新卒未経験でエンジニア就職して感じたことをまとめます。

いくつかありますが、以下の2点を覚えておいてほしいです。

  • 行動するかは自分次第
  • エンジニアは成長を感じられる

行動するかは自分次第

まずは、行動するかは自分次第という点です。

正直僕は、専門学校2年の秋まで就活を行っていませんでした。

学校で勉強している分野に就職するのは嫌でしたが、かと言って何か行動を起こすわけでもありませんでした。

(フロントエンドエンジニアになりたかったので、JavaやC++に興味を持てなかった。)

しかし、当時の担任から「就職しないんだね」と発破をかけられ、就活に励みました。

手順は先ほど紹介した通りですが、基礎学習から内定まで3か月で行いました。

正直、内定を貰った企業は大手ではありません。

いわゆるベンチャー企業ですし、すごく優秀でなくても入社できるでしょう。

しかし、全く知識がない状態から3か月で内定まで漕ぎつけたのは自分を褒めたいと思います。

今就活で悩んでいる方でも、行動すれば結果は変わります。

まずは、知識を身に付けるところから始めましょう。

エンジニアは成長を感じられる

入社後の話ですが、エンジニアは成長を感じられます。

僕はWebマーケター寄りの業務も行っていますが、サイトの見た目が改善されたり、アクセス数が伸びるとやる気に繋がります。

日々新しい知識を覚えて活用するのは、学生時代ではあまりなかった経験です。

自身の成長を感じられながら給料を貰えるのは、控えめに言って最高です。

(会社信者みたいになりましたが、一応独立を目標にしています。会社を利用してスキルアップできるのが理想ですね。)

とにかく、エンジニアはやりがいのある職業ですよ!

まとめ

まとめ

以上が、新卒未経験でエンジニア就職した方法の記事でした。

僕の場合、以下の手順でエンジニア就職を行いました。

エンジニアの種類によって多少順番が前後しますが、大まかにはこの流れで間違っていないでしょう。

まずは基礎知識を身に付け、企業に提出しても恥ずかしくないポートフォリオの作成に備えます。

やる気のある方であれば、3~6か月で内定を獲得できます。

きちんと準備を行い、目標であるエンジニア就職を果たしてくださいね!