地元

地元で一人暮らしをするのはお金の無駄です【実家から離れよう】

「地元で一人暮らしをしようか悩んでいる…」という方は、多いと思います。

長年慣れ親しんだ地元だと、暮らしやすいですよね。

土地勘もありますし、家族や友だちも近くに住んでいます。

しかしながら、地元なら実家に住んでもいいかなと考えている方もいるでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 地元で一人暮らしをするべきでない理由
  • 都心に近い一人暮らしにおすすめの街

この記事を書いている僕は、実家に住んでいる専門学生です。

引っ越しを考えており、居住に関する知識は豊富です。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、引っ越しを行う際の参考にしてみてくださいね。

地元で一人暮らしをするのはお金の無駄

地元 一人暮らし お金の無駄

地元で一人暮らしをするのは、お金の無駄です。

理由はいくつかありますが、以下の3つが代表的です。

  • 自立できない可能性がある
  • 地元の友達と絡んでしまう
  • 実家のほうがお金が貯まりやすい

自立できない可能性がある

地元に住むと、自立できない可能性があります。

実家が近くにあるからです。

何か困ったことがあれば、すぐ家族に頼れてしまいます。

親が過干渉の場合、一人暮らしの家に入って来るかもしれません。

掃除や洗濯など、家事を親が行う可能性もあります。

帰ってきて家事が終わっていたら、一人暮らしをする意味がないですよね。

実家で暮らすのと、何ら変わりがありません。

本当の意味で独り立ちすることには、なりませんね。

どんな状況も耐え忍び、一人で生き抜く力をつけましょう。

地元の友達と絡んでしまう

地元に住むと、地元の友だちと絡んでしまいます。

近くに住んでいるので、予定を合わせやすいからです。

地元の友だちと遊ぶのは、決して悪いことではありません。

学生時代の思い出が共有できるのは、素敵なことです。

過去を振り返るのは、人生において重要だと思います。

しかしながら、同じメンバーと過ごしても得られるものは少ないです。

会って思い出話を繰り返しても、何ら身にならないのです。

居心地の良い場所で過ごしても、自身の成長には繋がりませんよね。

視野や価値観を広げるためにも、新たな繋がりを見つけるべきです。

思わぬきっかけで、人生が切り開けるかもしれませんよ。

地元に友だちがいなくても問題ありません【メリットの方が大きい】「地元に友だちが一人もいない。自分はおかしいのかな…」という悩みがある方は、多いと思います。 公立の学校に通っている場合、小中学校...

実家のほうがお金が貯まりやすい

そもそも、実家暮らしの方がお金が貯まりやすいです。

家賃や光熱費など、雑費が必要ないからです。

一般的なサラリーマンならば、月10万円以上貯めることも難しくありません。

自由は制限されますが、実家暮らしは利点が多いです。

また、先ほど言ったように家事は家族が行ってくれます。

時間を有効活用できるので、趣味や仕事に打ち込むことも可能です。

地元に住むならば、実家で十分なはずです、、

地元に暮らすのに、あえて一人暮らしをする必要はないですよね。

一人暮らしをするなら地元から離れよう

一人暮らし 地元 離れる

一人暮らしをするなら、地元を離れるべきです。

以下の理由で、地元を離れるべきと言えます。

  • 完全に自立できる
  • 新たな人間関係を築ける

完全に自立できる

地元を出れば、完全に自立できます。

自分以外、誰にも頼れないからです。

炊事や洗濯、掃除など全てを自分で行う必要があります。

今まで家族に任せていた方でも、生活力が身に付きます。

水道代や光熱費など、雑費も自分で支払います。

余程のお金持ちでない限り、節約が求められます。

「○○は要らない出費だった」と、お金に関する知識も身に付きます。

今まで自由に暮らしていた方は、家族への感謝の気持ちが芽生えます。

大切なものには、失ってから気づくものです。

快適な環境と引き換えに、相手への感謝という大切な感情を得られるでしょう。

新たな人間関係を築ける

新たな人間関係を築けるのも、地元を離れるメリットです。

地元を離れると、当然ながら知り合いがいません。

0から知り合いや友だちを作る必要があります。

コミュ力を磨く、いいきっかけになるでしょう。

先ほども言った通り、新たな友だちを作るのは大切です。

自分にはなかった視点や価値観を持っているからです。

大人になると、自分の中の価値観が確立してきます。

あえて壊すことをしなければ、老いていくだけです。

凝り固まった価値観に固執するお年寄りは、正直見ていられないですよね。

ネット上では”老害”と、揶揄されることもあります。

かっこいい大人になるためにも、自らの可能性を狭めないようにしてください。

都心に近い一人暮らしにおすすめの街とは?

一人暮らし おすすめ 街

最後に、都心に近い一人暮らしにおすすめの街を紹介します。

住みたい街ランキングでも上位に入っており、初めての一人暮らしでも安心ですよ。

  • 清澄白河
  • 三鷹
  • 武蔵小杉

清澄白河

清澄白河は、東京都江東区に位置します。

カフェやコーヒーショップが多く、お洒落な街という印象です。

パソコンを使う機会が多い方には、便利ですね。

公園や庭園など、自然豊かな場所も多いです。

都会の喧騒を忘れ、ゆったりと過ごすことが可能ですよ。

沿線

大江戸線、半蔵門線

三鷹

三鷹は、東京都三鷹市に位置します。

ジブリの森美術館や猪頭公園など、名所も多く存在します。

休日の外出には、困らない場所と言えます。

駅前には、スーパーや商店街なども充実しています。

活気があるので、寄るだけで元気を分けてもらえますね。

上手く活用すれば、日々の食費を抑えられますよ。

沿線

中央線、総武線

武蔵小杉

武蔵小杉は、神奈川県川崎市に位置します。

駅前は、ショッピングモールで賑わっています。

東急スクエアやララテラス、グランツリー武蔵小杉などが存在します。

買い物は、近場で済ませられますね。

交通の便が、非常に良いのも特徴です。

都内まで数十分で移動できるので、学校や職場が都内の方にはおすすめです。

沿線

南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東横線、目黒線

まとめ

まとめ

以上が、地元で一人暮らしをするのはお金の無駄という記事でした。

以下の理由で、地元での一人暮らしはおすすめしません。

  • 自立できない可能性がある
  • 地元の友達と絡んでしまう
  • 実家のほうがお金が貯まりやすい

一人暮らしの利点は、自立ができることです。

親の手を離れて生きることで、本当の意味での独り立ちになります。

実家の快適さと引き換えに、自由と成長を手にできるのです。

地元から離れた場所で、新たな人生のスタートを切ってくださいね。