不登校

不登校だった有名人のエピソードをまとめてみた【現在活躍中】

「昔、不登校だった有名人のエピソードを知りたいな…」という方は、多いと思います。

不登校になると、お先真っ暗なイメージがあります。

進学や就職もできず、負け組の人生を送ると考えている方もいるでしょう。

しかし、元不登校で成功されている方は大勢います。

“不登校 = 人生終わった” というわけではないのです。

そこで今回は、昔不登校で現在活躍されている有名人を紹介します。

この記事を書いている僕は、中学3年生と高校2年生で不登校の経験があります。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、あなたの人生に活かしてくださいね。

不登校だった有名人のエピソードをまとめてみた

不登校 有名人

では、不登校だった有名人のエピソードを紹介します。

分野を問わず、現在活躍されている方を5人解説していきますね。

  • 指原莉乃さん
  • 小栗旬さん
  • 中川翔子さん
  • 千原ジュニアさん
  • もこうさん

指原莉乃さん

指原莉乃さんは、中学2年生の頃に不登校になっています。

学校では目立たないタイプだった指原さんは、体育会系の女子グループに目をつけられてしまいます。

廊下ですれ違うと意味もなく笑われたり、陰で悪口を言われる日々が続きました。

学校に行くのが辛くなり、休みがちの日々を送っていました。

ある日学校から帰宅しポストを開けると、何も書いていない封筒が入っていました。

中を開けると汚い字で「もう学校へは来ないでください。」と書かれていました。

その後、ほとんど学校へは通えなくなってしまいました。

地元の高校に進学するのが嫌だった指原さんは、AKB48の5期生のオーディションを受けます。

上京すれば、過去の自分と決別できると考えたのです。

結果は、無事合格。

晴れて、AKB48として活動をスタートすることになります。

2015,16,17年の選抜総選挙では3連覇を達成するなど、48グループの歴史に残るアイドルです。

現在では、HKT48を卒業し飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されています。

不登校でも、環境を変えれば成功できることを体現した一人だと思います。

小栗旬さん

この投稿をInstagramで見る

#小栗旬

Y.Oさん(@yuoku)がシェアした投稿 –

小栗旬さんは、中学3年生の頃に不登校になっています。

小栗さんは、小学6年生で俳優を志し芸能プロダクションに所属しました。

当時から売れっ子の俳優で、ドラマGTOなどに出演しています。

しかし、仕事の忙しさから学校を休みがちになってしまいます。

人は、特別扱いされている人を嫌います。

小栗さんはクラス中から無視されたり、机にゴミを入れられるなどのいじめに遭ってしまいました。

結果、学校に行くのが辛くなってしまい不登校になります。

ただ、それとは裏腹に俳優としての評価は高まっていきました。

ドラマ池袋ウエストゲートパークやごくせんなどに出演し、人気を博していきます。

あなたもご存知の通り、現在では国民的俳優としての地位を築いています。

不登校になっても、学校以外の居場所があると救われるのだと思います。

中川翔子さん

中川翔子さんは、中学3年生の頃に不登校になっています。

中川さんが中学校に入学すると、スクールカーストが出現しました。

上手くグループに入れず、一人で過ごすことが多くなりました。

なんとか学校に通っていましたが、中学3年生になると派手なグループの生徒がやんちゃになっていきます。

対象の生徒を決めると、徹底的にいじめるようになります。

中3の終わりの頃、中川さんの靴箱がへこんでいました。

さらに、誰がやったのか明らかに聞こえるように言ってきたのです。

中川さんは、たまらず相手の靴箱にやり返しました。

すると後日、自分の靴箱がさらにボコボコになってしまいました。

「これ以上学校に通うといじめがエスカレートする」と感じた彼女は、学校に行くのをやめました。

その後、17歳で芸能界を志します。

ミスマガジンを受賞し、現在の事務所所属します。

アニメやゲームなど、自身の好きなことを活かし活躍されていますね。

千原ジュニアさん

この投稿をInstagramで見る

#せいじの弟 #ヘレンの旦那 #大好きな師匠 #師匠〜♥️

千原ジュニアさん(@chihara_jr)がシェアした投稿 –

千原ジュニアさんは、中学1年生の頃に不登校になっています。

ジュニアさんは小学生時代、タバコを吸ったり喧嘩をしたり近所で有名な問題児でした。

それを聞いた近所のお母さん達は、ジュニアさんのことを煙たがるようになりました。

その状況を見返そうとし、中学受験を決意します。

猛勉強の末、地元の難関中学に合格。

悪い噂を流していた方を、見返すことに成功します。

しかし、入学したは良いものの周りの生徒はいわゆるガリ勉です。

不良だったジュニアさんは学校に馴染むことができず、不登校になりました。

エスカレーター式の学校なので高校に進学できましたが、まったく単位が足りません。

高校を中退して、お笑いの道に進みます。

現在では、多くのバラエティー番組に出演するなど人気芸人の地位を築いていますよね。

やはり、不登校でも環境を変えることで才能を発揮することがあるのですね。

もこうさん

この投稿をInstagramで見る

ラーメン食うてきた

もこうさん(@mokouliszt)がシェアした投稿 –

もこうさんは、中学2年生の頃に不登校になっています。

もこうさんは小学校卒業後、地元の中学校に進学します。

クラスで目立つ存在ではなかったものの、毎日学校に通っていました。

しかし、中学1年生の夏に潰瘍性大腸炎という病気を患ってしまいます。

入院生活が始まり、学校に通うのが困難になりました。

闘病生活を続けることで症状は良くなり、中学2年生に上がるタイミングで復学することになります。

しかし登校すると、昔の友だちが急に大人に近づいていることに困惑します。

自己紹介の時間が設けられましたが、何も話せず家に帰ってきました。

その後、一日たりとも学校に通うことはありませんでした。

中学を卒業後は通信制高校に進学し、四年制大学にも進んでいます。

不登校にはなったものの、ストレートで卒業と進学を繰り返しています。

もこうさんは現在、登録者67万人のYouTuberとして活躍されています。

動画内で不登校時代のエピソードも語られており、とても面白いですよ。

まとめ

まとめ

以上が、不登校だった有名人のエピソードを紹介した記事でした。

輝かしい活躍をされている方でも、以前は暗い過去を持っているのですね。

冒頭でも言いましたが、“不登校 = 人生終わり” ではありません。

目標に向かって努力を積み重ねれば、不登校の方でも人生を逆転することができます。

不登校をプラスに捉えれば、一般の生徒よりも自由に時間を使えます。

自分が打ち込めることを見つけて、将来に役立ててください。

次はあなたが、不登校の星になるかもしれませんね。