不登校

不登校だった僕は成人式を欠席しました【無理に行かなくていい】

「不登校だったから成人式に行きたくない。成人式を欠席した人の話が知りたいな…」という方は、多いと思います。

不登校を経験すると、友だちとの関係が希薄になります。

昔仲良くしていた友達でも、なんとなく気まずくなりますよね。

一人で成人式に参加するのは、かなり勇気が必要です。

成人式に行って嫌な思いをするなら、欠席しようと考えるのは普通でしょう。

そこで今回は、不登校だった僕が成人式を欠席した話をします。

この記事を書いている僕は、中学3年生と高校2年生で不登校になった経験があります。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、成人式に出席するかの判断材料にしてくださいね。

不登校だった僕が成人式を欠席した理由

不登校 成人式 欠席

不登校だった僕は、成人式を欠席しました。

親や周囲からは「一生に一度だから出席した方がいい」と、何度か説得されました。

しかし、どうしても成人式に行く気になれなかったのです。

僕が成人式を欠席した理由は、主に以下の2つです。

  • 変な目で見られないか不安だった
  • 現在の自分に自信がなかった

変な目で見られないか不安だった

元不登校の僕が成人式に出席することで、変な目で見られると思いました。

かなりネガティブな思考ですが「何でお前が来たの?」と、思われてしまうと考えたのです。

例えば、昔からの仲良しグループで集まったとします。

気を使わない仲間と遊ぶのは、非常に楽しいです。

そんな中、あまり仲良くない知り合いが混ざってきたらどう思うでしょうか。

口には出さないものの、多少嫌な思いをするでしょう。

実際、成人式に行って他グループと合流することはあまりないです。

しかし、当時の僕は負の側面ばかりを見てしまいました。

「こうなったらどうしよう…」と、常にネガティブ思考に陥っていたのです。

他人からの目線に、過剰に敏感になっていたのかもしれません。

当時の自分に自信がなかった

自分に自信がなかったのも、成人式を欠席した理由のひとつです。

当時の僕は、専門学校を休学中でした。

2年前に大学受験に挑んだのですが、結果はまさかの全落ち。

浪人するのが嫌だったので、3月入試がある専門学校に入学しました。

成人式に行くと、近況を報告しあうと思います。

「〇〇大学に行っている」「××で働いている」など、話す時間があります。

中学校でそこそこ成績の良かった僕は、地域の難関校に進学しました。

(その学校は途中で編入しましたが。)

中学の友だちに会うと「どこの大学に行ってるの?」と、聞かれることは目に見えていました。

そんな中、専門学校に通っていると言える勇気がありませんでした。

自分で進学しましたが、僕の中で“専門学生 = 負け組”のイメージがあったのです。

現状を誰にも知られたくないという思いから、成人式を欠席することを選びました。

成人式に行かない方も多いみたい

成人式 行かない 多い

成人式に行かない方は、意外と多いです。

CanCanが2018年に行った調査によると男性の約40%、女性の約30%が成人式を欠席したようです。

平均すると、およそ3人に1人が成人式を欠席していることになります。

“成人式 = 絶対に行くもの”というイメージがある方も多いと思いますが、決してそんなことはありません。

実際、僕の周りでも成人式を欠席した友だちは多いです。

パッと思いつくだけで、4~5人は成人式を欠席しています。

「留学中だったから」「わざわざ行くのが面倒だったから」など、理由はさまざまです。

成人式を欠席するという選択肢は、かなり一般的になっていますね。

無理に成人式に行く必要はない

成人式 行く必要ない

無理に成人式に行く必要は、ありません。

成人式に行かなくても、大きなデメリットはないです。

あえて挙げるならば、成人式の思い出を聞かれた時に何も答えられないくらいです。

相手も、それ以上質問してくることはないでしょう。

少し会話が止まるのが、唯一のデメリットでしょうか。

まとめ

まとめ

以上が、不登校だった僕が成人式を欠席した話でした。

周りから変な目で見られるのが心配、当時の自分に自信がなかったことが成人式を欠席した理由です。

「成人式を欠席すると後悔するよ!」こんな言葉を何度も耳にしました。

しかし、はっきり言っておきます。

成人式に行きたくないのならば、欠席してOKです。

この記事を読んでいる多くの方は、現在20歳だと思います。

もう立派な大人のはずです。

周りの意見ではなく、自分で物事の判断をする時期です。

親や友だちが何と言おうと、自分の意志を持って人生を切り開いてくださいね。