不登校

不登校の方におすすめのアルバイトとは?【居場所が見つかる】

「現在、不登校でアルバイトをしてみたい。不登校におすすめのアルバイトが知りたいな。」という方は、多いと思います。

一般的に不登校の方は、時間を持て余しています。

普通の生徒が学校に通っている間、自宅で過ごしますからね。

自宅で過ごしていても、学校に行っていない罪悪感で家に居づらい時もあるでしょう。

せっかくならば、アルバイトでお金を稼ぐのも良い選択肢です。

そこで今回は、不登校の方におすすめのアルバイトを紹介します。

この記事を書いている僕は、高校2年生の時に不登校になってアルバイトをしていました。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、学生生活に活かしてくださいね。

不登校の方でもアルバイトはできる

不登校 アルバイト

そもそも、不登校の方でもアルバイトはできるのでしょうか?

結論を言うと、問題ありません。

普通に学校に通っている方と同様、アルバイトをすることができます。

学校に行っているかは関係ない

アルバイトでは、学校に行っているかは関係ありません。

バイト先の業務内容がこなせれば、十分だからです。

「不登校だからアルバイトの面接を落とされた」という話は、聞いたことがないです。

というか、アルバイトの面接で学校に行っているかどうかを質問する方はいないでしょう。

こちらから言わなければ、普通の高校生として接してくれます。

仲良くなった同僚がいれば、不登校のことを話すのもアリだと思います。

僕は不登校のことを話したことがないですが、人それぞれの判断に任せます。

いずれにしろ、不登校でもアルバイトをすることは可能です。

夕方から働くのがおすすめ

アルバイトでは、夕方から働くのがおすすめです。

昼間からシフトを入れると、職場の方に不登校のことがバレます。

「何で昼間から来れるの?」「学校は行ってないの?」と、質問されることは想像がつきますよね。

不登校のことを積極的に話したい方は、少ないと思います。(僕もその一人でした。)

デリカシーのない方(失礼ですが)にいろいろ聞かれると、かなりきついですよね。

繊細な話題でもありますし、思い出したくないこともあるでしょう。

不登校のことを話したくない場合、夕方からシフトを組むのがおすすめですよ。

不登校の方がアルバイトをするメリット

アルバイト メリット

では、不登校の方がアルバイトをするメリットを解説します。

メリットはいくつかありますが、大きく分けて以下の2つです。

  • 学校以外の居場所ができる
  • 不登校の罪悪感が薄れる

学校以外の居場所ができる

アルバイトをすると、学校以外の居場所ができます。

人間は、社会的な動物です。

何らかの形で社会と繋がっていることで、大きな安心感を手にできます。

マズローの欲求5段階説を聞いたことがあるでしょうか。

人間の欲求は、5段階に分類されるというものです。

マズローの欲求5段階説の中で、下から3番目に社会的欲求が出てきます。

何らかの集団に属したり、仲間ができることで欲求が満たされます。

アルバイトをすることで欲求を満たし、社会の一員という安心感に包まれることができますね。

不登校の罪悪感が薄れる

不登校の罪悪感が薄れるのも、アルバイトをするメリットです。

不登校の方の多くは、常に罪悪感を抱えています。

「みんなが学校に行っているのに自分だけ不登校なんて…」と、自己嫌悪に陥る方も少なくないです。

そんな精神状態では、毎日が辛いですよね。

アルバイトをすることで、多少なりとも罪悪感が薄れます。

社会の一員であることは、本当に自信を与えてくれるのです。

復学するにしろ、編入するにしろ、前向きな気持ちでいるのは重要です。

アルバイトから自信を取り戻し、自分にとって最善の答えを探すのもアリでしょう。

不登校の方におすすめのアルバイトとは?

アルバイト おすすめ

次に、不登校の方におすすめのアルバイトを紹介します。

高校生OKのアルバイトは、非常に多いです。

その中で、不登校の方でも一歩踏み出しやすいアルバイトをまとめました。

コンビニ

コンビニ

コンビニは店舗数が多く、自宅付近で働けます。

不登校の方は、近所の方に見られたくないですよね。

変な噂を流す方も、いるかもしれませんし。

近くのコンビニなら移動時間も短く、誰かに見られる心配もありません。

勤務が終わってすぐに帰れるのも、メリットです。

ファストフード店

ファストフード店

ファストフード店では主に、調理と接客に分かれます。

多くの場合、面接時にどちらを希望するか聞かれます。

調理を希望すれば、裏で黙々と働くことができます。

多くのコミュニケーションを取らずに、自分の業務に集中できます。

人と会話するのが苦手な方でも、安心してアルバイトを行えますよ。

治験

治験

治験とは、新薬の効き目や安全性を確かめるために薬を服用するアルバイトです。

厚生労働省の指導のもとで行われているので、危険性は低いです。

コミュニケーションを取る必要がなく、人見知りの方でも気軽に申し込めます。

自分のペースで働けるのは、ありがたいですよね。

日給が1~2万円と、単価が高いのも特徴です。

短期で働く分には、一番おすすめできるアルバイトでしょう。

カラオケ

カラオケ

カラオケは、若者に人気のアルバイトです。

受付や調理、部屋の掃除などが業務内容です。

難しい作業も必要なく、アルバイト未経験者でも馴染むことができます。

「誰かに絡まれないかな…」と、不安な方もいるでしょう。

ただ、現在のカラオケは一人で来店する方が多いです。

都内など、ヒトカラ専門店も多く存在しますからね。

心配することなく、業務に臨めますよ。

コールセンター

コールセンター

コールセンターは、他のアルバイトに比べて体力を使いません。

ちなみに、コールセンターでは電話対応を行います。

お客様からの質問に回答したり、他の部署に電話を繋いだりします。

多くのアルバイトが存在しますが、座り仕事は珍しいです。

体力に自信のない方でも、安心して続けられますね。

アルバイト探しはアプリから行おう!

アルバイト探し アプリ

アルバイト探しは、アプリから行いましょう。

求人誌を探したり、直接店舗に出向くのは面倒ですからね。

アプリならば自宅から簡単に、アルバイトを探せます。

マッハバイト

アプリの中でもおすすめなのが、マッハバイトです。

マッハバイトでは、25万件以上の求人が掲載されています。

最寄り駅や近所で、働きたいアルバイトが見つかりやすいです。

“髪を切られている人の代わりに美容師と会話するアルバイト”など、ユニークな求人もあります。笑

さらに、最大1万円のお祝い金も貰えます。貰わないと損ですね。

マッハバイトでアルバイトを探す!

まとめ

まとめ

以上が、不登校の方におすすめのアルバイトを紹介した記事でした。

コンビニや治験など、不登校の方が働くにはどれも適したアルバイトです。

不登校の方がアルバイトをすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 学校以外の居場所ができる
  • 不登校の罪悪感が薄れる

一度不登校になると、自信を失ってしまいます。

「自分なんて何をやってもダメだ…」と、自己嫌悪に陥ってしまう方も多いです。

そんな中アルバイトをすることで、少しでも自信を保つことができます。

稼いだお金を活用して、編入の資金にもできますからね。

多くの利点があるので、自分のできる限りでアルバイトをしてみるのが良いでしょう。