不登校

不登校の生徒におすすめの通信教育ランキングを紹介!【厳選3選】

「不登校の子どもに通信教育を受けさせようか迷っている。どんな通信教育が良いのだろう…」という悩みがある方は、多いと思います。

不登校になると、一日中家で過ごします。

スマホやゲームに時間を使うのならば、少しでも勉強をしてほしいと思うのは当然です。

通信教育などを用いて、成績が上がれば言うことなしですよね。

そこで今回は、不登校の生徒におすすめの通信教育ランキングを紹介します。

この記事を書いている僕は、中学3年生と高校2年生で不登校になった経験があります。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、通信教育選びの参考にしてみてくださいね。

不登校の生徒に通信教育が適している理由

不登校 通信教育

不登校の生徒には、通信教育が適しています。

理由はいくつかあるのですが、主に以下の2つです。

  • 自宅で勉強ができるから
  • 学校の授業についていけるように

自宅で勉強ができるから

勉強と聞いて思い浮かぶのが、予備校です。

予備校では、夕方から授業を行います。

不登校の方は昼間に時間があるので、予備校に通うと時間を持て余します。

せっかく昼間が暇なら、有効活用したいですよね。

しかし、昼間は予備校が空いていません。

そこで選択肢に上がるのが、通信教育です。

通信教育ならば、時間や場所を選ばずに勉強ができます。

自分のペースで学べるので、勉強が苦手な方でも安心でしょう。

自宅で勉強できるのは、大きな利点です。

不登校の方は、外出が苦手な場合もあります。

予備校に通うと、学校の友だちがいるかもしれませんし。

通信教育で、のびのびと学ぶのが適していますよ。

学校の授業についていけるように

不登校期間中、当然ながら学校の授業は進んでいます。

復学できても、授業についていけないと学校に馴染めなくなります。

きちんと予習を行う必要が、ありますね。

通信教育を利用すれば、自宅に居ながら学校の勉強を進められます。

学校に戻っても、スムーズに授業を受けられます。

高校や大学受験の対策もできるので、一石二鳥ですね。

不登校の生徒におすすめの通信教育ランキング

通信教育 ランキング

では、不登校の生徒におすすめの通信教育ランキングを紹介します。

それぞれに独自の特徴があるので、合いそうな教材を選んでくださいね。

1位 すらら
すららは、文部科学省公認の学習プログラムです。PCやスマホで映像授業を受けることで、学校を出席扱いにすることができます。不登校を続けると内申書に影響が出ますが、すららを活用すれば一般の生徒と同様に高校や大学に進学することが可能になります。復学をめざす不登校の方には、これ以上ない学習教材ですよ。
評価
対象学年 小学生~高校生
授業形態 映像授業
価格 月額7,480円~
無料体験 あり

すららで勉強を始める!

2位 スタディサプリ

スタディサプリは、PCやスマホで授業を受けるオンライン予備校です。月額980円ですべての授業が見放題になります。他学年の授業も受けられるので、学び直しをしたい方にも適しています。高校受験や大学受験の授業もあり、受験勉強も行えますよ。
評価
対象学年 小学生~高校生
授業形態 映像授業
価格 月額980円
無料体験 14日間無料体験が可能

スタディサプリで勉強を始める!

3位 進研ゼミ

進研ゼミは、会員数257万人を誇る名実ともにNo.1の通信教育です。月に一度届く教材を解いて、学力の向上を図ります。数学の図形問題や化学の実験問題など、テキストでは分かりづらい問題はスマホの授業動画で学習できます。予備校の映像授業を受ける感覚で、直感的に理解できるでしょう。計画的な勉強に自信のある方におすすめですよ。
評価
対象学年 小学生~高校生
授業形態 テキスト教材
価格 月額5,900円~
無料体験 なし

進研ゼミで勉強を始める!

まとめ

まとめ

以上が、不登校の生徒におすすめの通信教育ランキングを紹介した記事でした。

通信教育を利用すれば、自宅で勉強を進めることができ、復学してからも授業についていくことができます。

不登校が解消してから学校に馴染むためにも、家で勉強を行った方が良いのです。

勉強の習慣がつけば、高校や大学受験などにも有利に働きます。

「不登校を経験したからこそ志望校に合格できた!」と言える日が来れば、最高ですよね。

憧れの未来を手にするためにも、通信教育を活用して学力アップをめざしてくださいね!