不登校

不登校の子どもが朝起きない理由と対処法とは?【元不登校が解説】

「不登校の子どもが朝起きなくなった。心配だけど何をすればいいのか分からない…」という方は、多いと思います。

不登校になると、朝起きるのが難しくなります。

昼過ぎに起きて、明け方に寝る方も珍しくありません。(実際、僕もそうでした。)

ただ、生活リズムが乱れると心配ですよね。

健康な生活が送れないと、ますます学校に戻れなくなりそうですし。

しかし、下手に対処すると不登校が悪化する可能性もあります。

何をすれば良いのか分からず、苦しい日々を送っている親御さんもいるでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 不登校の子どもが朝起きない理由
  • 不登校の子どもを朝起こす方法

この記事を書いている僕は、中学3年生と高校2年生で不登校になった経験があります。

現在は専門学校に通って、毎日元気に過ごしています。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、お子さんの現状を変化させてくださいね。

不登校の子どもが朝起きない理由

不登校 朝起きない 理由

では、不登校の子どもが朝起きない理由を解説します。

理由はいくつかありますが、大きく分けて以下の3つです。

  • 学校に行くのが怖いから
  • 夜更かしをしているから
  • 劣等感があるから

学校に行くのが怖いから

不登校の方は、学校に行くことに恐怖を感じています。

いじめや学業不振など、理由は人それぞれです。

朝起きると「学校に行かなければいけない」という不安感に襲われます。

不安から逃れるように、布団から離れられないのです。

ちなみに、学校に行けない理由を聞くのはNGです。

理由を話さないなら、どうしても言えない理由があるのかもしれません。

言いたくないのに無理やり問い詰められると、追い込まれてしまいます。

子どもとの関係性も悪化してしまうので、気長に待ってあげてほしいです。

また「学校に行っていない自分はダメ人間だ…」という自己嫌悪もあります。

不登校の方は、ただでさえ精神的に弱っています。

追い詰めるのではなく、優しく手を差し伸べることが重要だと思います。

夜更かしをしているから

夜更かしをすると、朝起きることができません。

成長期なので、大人より多くの睡眠時間が必要だからです。

深夜まで起きていると、なかなか朝起きれません。

「12時までには布団に入る」など、夜更かしをしない決まりがあれば良いですね。

ちなみに、6時間睡眠を続けると2日徹夜した人と同程度の能力しか出せないと言われています。

本人も気づかぬ内に、脳にダメージが蓄積されてしまうのです。

中高生の場合、8時間以上の睡眠が必要です。

やはり、日付が変わるまでに眠れるようにするのが最適ですね。

劣等感があるから

不登校になると、劣等感に悩まされます。

親や兄弟など、家族が職場や学校に行くこともあるでしょう。

すると不登校の方は「家族はまともなのに、どうして自分だけ…」と、自分を責めてしまいます。

自己嫌悪から逃れるために、睡眠という手段を取ります。

睡眠は、ある種の防衛本能とも言えます。

自信を傷つけないために必要な行動なので、邪魔をしすぎない方が良いと思います。

不登校の子どもを起こすにはどうすればいい?

不登校 起こすには

次に、不登校の子どもを起こす方法を解説します。

以下の2つを実践すれば、スムーズに起きてくれるようになりますよ。

  • 無理に登校する必要がないと伝える
  • 子どもと一緒に出掛ける

無理に登校する必要はないと伝える

無理に登校する必要はないと、子どもに伝えてください。

不登校の方は「学校に行かなければいけない」という恐怖感に怯えています。

想像以上にストレスがかかり、精神的にも不安定になります。

結果、先ほど言ったように睡眠という形で防衛本能が働くのです。

無理に登校する必要がないと分かれば、ストレスも軽減されます。

精神的にも回復し、今まで通り朝起きれるようになるでしょう。

生活リズムを取り戻したら、学校に戻れる可能性も上がります。

「午後から登校してみたら?」など、徐々に登校できるようにサポートしてあげてください。

まずは逃げ場を与えて、子どもの居場所を作ることが重要ですよ。

子どもと一緒に出掛ける

子どもと一緒に出掛けるのも、方法の一つです。

不登校になると、自宅に引きこもりがちです。

昼間は近所の目があるので、なかなか外出できないからです。

しかし、陽の光を浴びることは非常に重要です。

太陽を浴びることによって、体内時計がリセットされます。

生活リズムが整い、朝起きることにも繋がります。

前向きな気持ちを呼び起こす効果もあるので、一石二鳥です。

また、一緒に出掛けることで親子関係の改善にも繋がります。

僕自身、不登校の頃に母が外出に誘ってくれました。

初めは面倒だったのですが、あまりにしつこいので何度か出掛けました。

すると「自分の為を思って連れ出してくれたんだな」と気づいて、涙が溢れそうになりました。

今では親子関係も良好で、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

時間はかかるかもしれませんが、必ず親御さんの努力がお子さんに届きますよ。

親が無理やり起こすのはNG

無理やり起こす NG

一番のNG行動は、親が無理やり起こすことです。

嫌がることをすると、子どもとの信頼関係が崩れてしまうからです。

何度も言っていますが、不登校の方は精神的に不安定です。

ちょっとしたことで不安になったり、恐怖を感じたりしてしまいます。

そんな中、親が自分を理解してくれないと思ったらどうなるでしょうか…?

「学校にも家にも居場所がない」「自分はいない方が良いのかな…」と、考えてしまいます。

気づいた頃には、取り返しがつかない場合もあります。

最悪、学校に行かなくても大丈夫です。

毎日楽しく、健康に過ごすことが何よりも重要だと思います。

学校に行かせるのが親の仕事では、ありません。

子どもの一番の理解者でいて、寄り添ってあげるのが親の役割ですよ。

まとめ

まとめ

以上が、不登校の子どもが朝起きない理由と対処法をまとめた記事でした。

朝起きれない理由は、以下の3つです。

  • 学校に行くのが怖いから
  • 夜更かしをしているから
  • 劣等感があるから

日本は、同町圧力が強い国と言われています。

「みんなと同じでなければいけない」という思いが、他の国よりも強いのです。

少しでも道を外れると、周囲から噂されるかもしれません。

しかしながら、全員が全員同じ道を歩む必要はないと思います。

曲がりくねった道を通っても良いですし、少し遠回りしても構いません。

お子さんが自分の道を歩めるように、手助けしてあげてください。

あなたの努力が報われることを願って、今回の〆とさせていただきます。