不登校

不登校の子どもが昼夜逆転したらどうすべき?対処法を解説!

「子どもが不登校で昼夜逆転してしまった。どうすれば良いのだろう…」という悩みがある方は、多いと思います。

不登校になると、昼夜逆転を起こしがちです。

学校に行かないので朝起きる必要がなく、たくさん寝られるからです。

起きる時間がどんどん遅くなり、ついには昼過ぎに起床することになってしまいます。

学校に戻るためにも、昼夜逆転を治しておきたいですよね。

そこで今回は、不登校の昼夜逆転を治す方法を解説します。

この記事を書いている僕は、中学3年生と高校2年生で不登校になった経験があります。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、子どもへの対処に役立ててくださいね。

不登校が昼夜逆転してしまう理由は?

昼夜逆転 理由

まずは、不登校の方が昼夜逆転を起こす理由を解説します。

根本の理由が分からないと、問題を解決することはできませんからね。

以下の2つが、不登校が昼夜逆転を起こす理由です。

  • 生活リズムが乱れるから
  • 昼間は周りの目があるから

生活リズムが乱れるから

生活リズムが崩れると、昼夜逆転が起きてしまいます。

不登校の方は学校に行かないので、朝起きる必要がありません。

一般的な学生よりも、多く睡眠時間を取ることができます。

朝9時や10時に起きる方も、少なくないでしょう。

起きるのが遅いと、当然ながら寝るのも遅くなります。

遅い時間に寝ると、さらに起床するのが遅れます。

もはや、負の無限ループですね、、

一度悪循環に陥ると、生活リズムを整えることは難しくなります。

昼過ぎや夕方に起きる生活になってしまいます。

学校に行かなくても、ある程度早起きの習慣をつけたほうが良いですね。

昼間は周りの目があるから

昼間は、近所の人など周りの目があります。

不登校の方が外出すると「学校はどうしたの?」と、質問されることが多いです。

素直に「学校は行っていません」と答えると、近所の噂になってしまいます。

特に田舎は、噂話が広まるのが早いですからね。

となると、昼間に外出することは難しくなります。

必然的に、家の中で一日を過ごすことになります。

しかし、家の中が必ずしも居心地が良いわけではありません。

母親など、他の家族がいる場合もあります。

家族から「いい加減学校に行きなさい!」と、言われると気持ちが萎えてしまいます。

こうなっては、自分の居場所がないですよね。

そこで、夜型の生活を好むようになるのです。

夜ならば家族も寝ていますし、コンビニくらいなら外出もできます。

昼間に起きるよりも、圧倒的に過ごしやすい環境ですよね。

不登校という立場上、夜を好むのは仕方ないのかもしれません。

不登校の昼夜逆転はあまり良くない

昼夜逆転 良くない

不登校の方が昼夜逆転してしまうと、あまり良い影響はありません。

朝きちんと起きれないと、学校に通うのが難しくなるからです。

万が一通えるようになっても、睡眠不足では学校生活が上手くいきません。

授業中に寝てしまうと、当然ながら先生に注意されます。

先生に目をつけられたら、他の生徒からも良い印象を持たれないでしょう。

休み時間に寝てしまうと、友だちができづらいです。

休み時間はみんなと騒ぐくらいの生徒が、人気者になりますからね。

早起きを習慣づけて、元気に学校に行く必要がありますね。

不登校の昼夜逆転を治す方法を解説!

昼夜逆転 解消法

では、不登校の昼夜逆転を治していきましょう。

昼夜逆転を解消する方法はいくつかありますが、僕がおすすめするのは以下の2つです。

  • 体を動かして疲れる
  • 頑張って徹夜する

体を動かして疲れる

体を動かして疲れるのは、重要です。

運動をして体を動かすと、適度な疲労感が溜まります。

すると、脳が身体を休めるために睡眠を必要とします。

普段寝ている時間よりも前に、眠りにつくことができるでしょう。

結果的に、早寝早起きを実践しやすくなります。

【厳選4選】不登校の方におすすめの運動とは?【簡単にできる】不登校の方におすすめの運動を紹介します。運動をすることで、気分がリフレッシュできます。運動が苦手な方でも実践できる、4つの運動を解説しますね。...

運動を行うことで、ポジティブになれるという研究結果もあります。

不登校中は、ついネガティブ思考になってしまいがちです。

「なぜ自分は学校に行けないんだろう…」と、自己嫌悪に陥る方も多いです。

身体を動かすことで、前向きな気持ちを呼び込むのも大切ですね。

頑張って徹夜する

頑張って徹夜するのも、昼夜逆転への対処法です。

徹夜をすると、当然ながら眠くなります。

エナジードリンクなどを飲んで、眠気を我慢しましょう。

夕方や夜まで起きられば、昼夜逆転は治ったも同然です。

ぐっすり眠って、朝を迎えるだけです。

次の日二度寝をしなければ、早寝早起きができるようになりますよ。

まとめ

まとめ

以上が、不登校の昼夜逆転に対する対処法を解説した記事でした。

不登校の方が昼夜逆転を起こしても、良いことはありません。

「また昼過ぎまで寝てしまった…」と、ネガティブな気持ちになってしまいます。

せっかくの午前中の時間を無駄にするのは、もったいないですし。

どんな道に進むにせよ、早寝早起きをして生活リズムを整えるのは大切です。

人間らしい生活をして、前に進みましょう!