専門学校

専門学校は忙しいって本当?【結論は高校よりも楽です】

「専門学校が忙しいって本当かな。専門学校に通うと勉強以外のことはできないの?」という悩みがある方は、多いと思います。

専門学校では、一般的な高校とは違って専門知識のみを学びます。

資格取得や就職活動も進める必要があるので、忙しそうなイメージを持っているでしょう。

“専門学校 = 遊ぶ暇がない”という先入観があっても、おかしくありません。

ただ、ずっと勉強をするのも大変ですよね。

学生生活を過ごすならば、アルバイトをしたり友だちと遊んだりする時間も欲しいです。

あまりに忙しいようなら、専門学校への進学を取りやめようという方もいると思います。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 専門学生の一週間の時間割
  • 専門学校以外の時間にやるべきこと

この記事を書いている僕は、現役の専門学生です。

一年と少し専門学校に通っており、専門学生については熟知しています。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、学生生活に活かしてみてくださいね。

専門学校はそれほど忙しくない

専門学校 忙しくない

専門学校は、それほど忙しくありません。

僕の通っている学校では、多くの生徒がアルバイトをしています。

アルバイトをしても授業に遅れることはなく、充実した日々を過ごしています。

土日や長期休みになると、旅行に出かける生徒もいます。

スノーボードに行ったり、海外を旅したり楽しそうです。

課題が多く出るわけではないので、休みの日は休暇をエンジョイできます。

もちろん、学校によって忙しさは変わると思います。

最終学年になると就職活動があるので、バイト三昧とはいかないでしょう。

しかしながら、学生生活を満喫できるくらいの余裕はあります。

“専門学校 = 忙しくて遊べない” というのは、完全な偏見と言えますね。

一週間の時間割を公開

では、専門学校の時間割を公開します。

僕の通っている学校の時間割なので、あくまでも一例として考えてください。

  • 月曜日   9:20~14:55
  • 火曜日  11:05~16:40
  • 水曜日  11:05~14:55
  • 木曜日   9:20~14:55
  • 金曜日  13:25~16:40

日によってバラつきがありますが、朝から夕方までの授業が普通です。

高校のように朝早く登校する必要がないので、朝が苦手な方でも安心です。

ダラダラした生活を送っている方でも、無理なく学校に馴染めるでしょう。

また、どんなに遅い日でも16:40までに授業が終わります。

その後は遊びに出かけられますし、先ほど言ったようにアルバイトをする生徒もいます。

夜遅くまで遊ぶなどしなければ、十分に自分の時間を確保できますよ。

大学よりは忙しいかも

ただ、専門学校は大学よりは忙しいかもしれません。

大学の場合、単位を取れれば毎日出席する必要がありません。

上手く時間割を組めば、週3~4日の登校で済むこともあります。

自分が興味のあることをするには、理想的な環境ですね。

専門学校は、原則週5日出席しなければいけません。

出席率80%を超えれば良いので、多少のサボりは許容されます。

しかし、あまりに欠席が多いと個人面談が組まれます。

担任から電話がくる場合もあるので、正直面倒くさいです。

大学と比べると、厳しい環境と言わざるを得ません。

大学より厳格で高校よりも緩いのが、専門学校の立ち位置と言えます。

専門学校以外の時間にやるべきこととは?

専門学校 やるべきこと

専門学生は、ある程度時間に余裕があることが分かりました。

では、専門学校以外の時間にやるべきことを紹介します。

いくつかありますが、以下の3つはやっておいて損はありません。

  • 資格取得の勉強
  • 友だちとの思い出作り
  • アルバイトの経験

資格取得の勉強

まずは、資格取得の勉強です。

専門学校での最大の目標は、就職の内定を取ることです。

就職を有利に進めるためには、資格を持っておくに越したことはありません。

資格を持っているだけで「努力できる生徒なんだな」と、相手に好印象を与えることができます。

資格の保持を、給与アップの条件にしている企業さえあります。

就職後にもいい影響を及ぼすなんて、まさに一石二鳥です。

とにかく、資格取得は最優先で行うべきです。

友だちとの思い出作り

友だちとの思い出作りも大切です。

社会人になると、友だち同士で集まる機会も減ります。

仕事で忙しいですし、新たなコミュニティーの仲間もできます。

以前のように、簡単に集まることは難しくなります。

だからこそ、学生の間にたくさん遊んでおきましょう。

いつでも遊べるのは、学生の特権とも言えますからね。

アルバイトの経験

最後に紹介するのが、アルバイトの経験です。

専門学生は、金欠になりがちです。

学校で使うものや、趣味のグッズなど出ていくお金は多いです。

行動範囲も広がるので、高校の時よりもたくさんのお金が必要になります。

お小遣いや仕送りだけでは、足りない場面もあるでしょう。

アルバイトをすれば、稼いだお金を好きなだけ使えます。

思う存分、散財することができますね。笑

また、アルバイトの経験は就職でも役に立ちます。

アルバイトでの気づきを、面接で話すことができます。

「仲間との協調性を覚えた」「お金の大切さが身に染みた」など、アピールポイントはいくらでもあります。

面接で、他の学生よりも有利になるかもしれません。

専門学校とアルバイトの両立は可能です【具体的な方法も解説】専門学校とアルバイトの両立ができるか知りたい方は、多いと思います。そこで、学業とアルバイトの両立ができるか解説します。具体的な方法も紹介刷るので、参考にしてくださいね。...

まずは資料請求から始めよう!

資料請求

この記事を読んでいるということは、あなたは専門学校への進学を考えているでしょう。

専門学校への進学を検討している方は、スタディサプリ進路を活用してみてください。

スタディサプリ進路では、大学や専門学校のパンフレットを無料で請求できます。

何冊貰っても無料なので、活用しない手はありません。

スタディサプリ進路

複数のパンフレットから学校の特徴や雰囲気、学費などを比較検討できます。

知りたい情報が一目で分かるので、情報収集するには便利です。

10校以上パンフレットを取り寄せた方には、1,000円分の図書カードが送られます。

2019年7月限定のキャンペーンなので、貰っておきましょう。

無料のものは、貰っておいて損はありませんからね。

無料でパンフレットを請求する!

まとめ

まとめ

以上が、専門学校のスケジュールに関する記事でした。

専門学校は、それほど忙しくはありません。

アルバイトと両立している生徒も多いですし、趣味の時間も十分に取れます。

先ほど紹介したように、大学より忙しく高校より緩いイメージでOKです。

また、以下の3つをやっておくと理想的です。

  • 資格取得の勉強
  • 友だちとの思い出作り
  • アルバイトの経験

学校以外の時間を上手に活用して、学生生活を楽しんでください。

あなたが、素敵な学生生活を送れることを願っていますね。