専門学校

専門学校で友だちがいない方へ。ぼっちの僕が過ごし方を解説します

「現在専門学生で、友だちがいなくて困っている。一人で学生生活を過ごすのは辛いな…」という方は、多いと思います。

専門学校は、高校と比べると自由な雰囲気があります。

年代も幅広いので、友だち作りが難しい環境です。

一度輪の中に入れないと、ぼっちで過ごすことになってしまいます。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 専門学校での友だちの作り方
  • ぼっち専門学生の僕の過ごし方

この記事を書いている僕は、現役の専門学生です。

一年と少し専門学校に通っており、専門学生については熟知しています。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、学生生活に活かしてみてくださいね。

専門学校での友だちの作り方

専門学校 友だち 作り方

では、専門学校での友だちの作り方を解説します。

僕は友だちがいないので、周りを見ていて感じたことを書きました。

観察眼には自信があります。正解からそう遠くないはずです。

  • オリエンテーションで話しかける
  • 学校の話題を振ってみる

オリエンテーションで話しかける

まずは、オリエンテーションで話しかけてください。

多くの専門学校では、仲を深めるためにオリエンテーションを実施します。

宿泊で行われることも多いので、友だち作りのいい機会です。

入学したての頃は、誰しも友だちがいません。

「友だちができないんじゃないか…」と、不安に思っている生徒も多いです。

そんな中、一番初めに話しかけられると印象に残ります。

その後の学生生活でも、仲良くなりやすくなります。

話しかけた相手と合わなそうでも、心配はいりません。

初めのうちは、数打ちゃ当たる作戦で行きましょう。

何人かに話しかけて、趣味が合いそうな生徒を見つけます。

アニメやゲーム、ファッションなど趣味が合えばなお良しです。

休日にも遊びに行けるような友だちができるかもしれません。

いけそうな雰囲気があれば、連絡先を交換すれば理想的ですね。

学校の話題を振ってみる

学校の話題を振ってみるのも、一つの方法です。

学校の話題は、共通話題です。

「この科目難しくない?」「次の授業何だっけ」など、誰でも答えられる内容が多いです。

話が広がりやすいので、比較的簡単に仲良くなれます。

誰しも分かっていることですが、現代では娯楽が多様化しています。

“昨日放送されていたテレビの話”をしても、相手は見ていないことも多いです。

話を振っても相手が理解できないと、変な空気が流れてしまいますよね。

確実に話を進めるためにも、学校の話題という共通話題を振ることはおすすめできます。

ぼっち専門学生の僕が過ごし方を解説

ぼっち専門学生 過ごし方

では、ぼっち専門学生の僕が過ごし方を解説します。

いくつかありますが、以下の3つが代表的です。

  • 休み時間はスマホを触る
  • 一番前の席に座る
  • 分からないことは先生に聞く

休み時間はスマホを触る

休み時間は、スマホを触るようにします。

スマホを触っていれば”やることがない感”を薄められます。

「一人で過ごすのが好きなんだな」と思われ、友だちがいないのが気にならなくなります。

手っ取り早く実行できるので、おすすめの方法です。

スマホには、楽しいことがたくさんあります。

TwitterやInstagramなどのSNSはもちろん、YouTubeも無料で見れます。

正直、友だちと話すよりも有意義な場合が多いです。

“休み時間 = スマホの時間”と割り切って過ごすのも、悪くないですよ。

一番前の席に座る

一番前の席に座るのも、かなり快適です。

一番前の席に座れば「真面目に勉強したい人なんだな」と思われます。

スマホと同様に、ぼっちで過ごすのが楽になります。

また、多くの生徒は後ろの席に座ります。

前の席に座っていれば、ポツンと浮くことも少ないでしょう。

先生への質問もしやすくなり、一石二鳥の効果があります。

分からないことは先生に聞く

友だちがいないと、気軽に質問ができません。

そんな時は、先生に聞けばOKです。

勉強の内容はもちろん、学校生活のルールなど、何でも答えてくれます。

というか、学費を払っているので教えてもらうのは当然のことです。

臆せずに、どんどん質問しましょう。

意欲的な生徒だと思われて、成績も上がりやすくなりますよ。

専門学校は勉強しに行くところ

専門学校 勉強

そもそも、専門学校は勉強しに行くところです。

専門知識を身に付けて、就職するのが目的のはずです。

友だちを作るために行くのでは、ありません。

入学当初の目的を忘れないようにしましょう。

また、社会人になると一人で行動する機会も増えます。

仕事中は基本的に一人ですし、お昼を一人で食べることもあるでしょう。

ずっと同僚と群れているわけにも、いきませんからね。

学生のうちに一人行動に慣れておくのも、必要なことだと思いますよ。

アルバイトなどで友だちを作るのもアリ

アルバイトで友だちを作るのも、アリです。

アルバイトをすれば、バイト仲間ができます。

バイト仲間と遊びに行けば、同世代の友だちになれる可能性も上がります。

学校以外の友だちができれば、何だか楽しそうですよね。

学校の悩みも、学校以外の友だちになら話せそうですし。

アルバイトの経験は、就活の面接のネタにもなります。

暇な時間がある方は、試してみるのも良いと思いますよ。

専門学校とアルバイトの両立は可能です【具体的な方法も解説】専門学校とアルバイトの両立ができるか知りたい方は、多いと思います。そこで、学業とアルバイトの両立ができるか解説します。具体的な方法も紹介刷るので、参考にしてくださいね。...

まとめ

まとめ

以上が、ぼっち専門学生の僕が過ごし方を解説した記事でした。

復習すると、ぼっちの過ごし方は以下があります。

  • 休み時間はスマホを触る
  • 一番前の席に座る
  • 分からないことは先生に聞く

これらの3つを実践すれば、ぼっちで困ることは少ないです。

友だちができないと悩んでいる方は、実践してみてください。

専門学校で友だちができなくても、心配する必要はありません。

たまたま環境が合わなくて友だちができないケースは、意外と多いです。

別のコミュニティーではすんなりと友だちができる可能性は、大いにあります。

あまり考えすぎず、一人の時間を楽しく過ごしてくださいね。