専門学校

専門学校の卒業式は親も参加するの?時期や服装なども解説する!

「専門学校の卒業式は何をするのだろう。式の服装や親が同伴するかなど、実際の様子が知りたいな…」という方は、多いと思います。

卒業式は、専門学校で一番大切な行事とも言えます。

せっかくの晴れ舞台で、失敗するのは避けたいですよね。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 専門学校の卒業式では何をするか
  • 専門学校の卒業式の前後でやるべきこと

この記事を書いている僕は、2020年3月に専門学校を卒業しました。

現在は、都内のIT企業に勤めています。

記事の信頼性は、確保されていますよ。

ぜひ参考にして、卒業式の準備を進めてくださいね。

専門学校の卒業式では何をするの?

専門学校 卒業式 何をするか

専門学校の卒業式は、中高の卒業式と変わらないです。

学園長や教頭の話を聞いた後、卒業証書が授与されます。

その後、各先生からお話があり、式は一旦終了します。

式の時間は生徒数にもよりますが、2時間くらいで終わる場合が多いです。

僕の通っていた学校では、式後に謝恩会という名目のパーティーが開かれました。

みんなで食事をしたり、思い出話に花を咲かせました。

学校にもよりますが、謝恩会も1時間くらいで終わるでしょう。

諸々合わせて3時間と見ておけばOKです。

専門学校の卒業式の服装

専門学校 卒業式 服装

次に、専門学校の卒業式の服装を解説します。

以下の2点を頭に入れておけば、問題なしです。

  • スーツか振袖が基本
  • ビジネスカバンがおすすめ

スーツか振袖が基本

服装は、スーツか振袖が基本です。

男子は全員がスーツです。

女子はスーツが8割くらい、振袖が2割くらいです。

僕はIT系の専門学校だったので、服装に無頓着な方が多かったです。笑

学校によっては、女子がほぼ振袖という場合もあると思います。

当日服装で浮かないためにも、先生や友だちに相談しておくのが良いでしょう。

ビジネスカバンがおすすめ

カバンは、ビジネスカバンがおすすめです。

専門学校の卒業式では、多くの荷物を受け取ります。

卒業証明書や成績証明書、卒業記念品など持ち帰るものは意外と多いです。

持ち帰るための大きなバッグがあると良いでしょう。

ただ、カジュアルなバッグはスーツに合わないので、就活用のビジネスカバンを持っていけばOKです。

専門学校の卒業式は親も参加する?

専門学校 卒業式 親

次に、専門学校の卒業式の親について解説します。

以下の2点を抑えておけば、大丈夫ですよ。

  • 参加するのは2割くらい
  • 服装はスーツなど正装で

参加するのは2割くらい

専門学校の卒業式に参加する親は、2割くらいです。

中高の卒業式と同様、生徒席の後ろに保護者席が設けられます。

とは言っても来る方は少なく、お母さん方が少人数いる程度です。

地方から上京して、都内の専門学校に通う方もいるので、親までは参加しないのかもしれません。

しかし、子供の晴れ姿なので見て損はありませんよ。

服装はスーツなど正装で

親の服装も、スーツなど正装が好ましいです。

言うまでもないですが、卒業式は重要な式典なので、参加者は全員正装をしていきます。

保護者も例外ではなく、Tシャツにジーパンなどラフな格好では参加できません。

場合によっては、入場を断られることもあります。

きちんと正装で参加してください。

男性はスーツ、女性は黒スカートなどが望ましいですね。

専門学校の卒業式の前後でやるべきこと

専門学校 卒業式 やるべきこと

最後に、専門学校の卒業式の前後でやるべきことを解説します。

後悔しない学生生活を送るためにも、以下の2点を覚えておいてくださいね。

  • 就職活動
  • 思い出作り

就職活動

まずは、就職活動を終わらせましょう。

就職できないと、フリーターやニートになってしまいます。

フリーターやニートが悪いわけではありませんが、専門学校に入学したのは、就職に必要な能力を身に着けるためだと思います。

一度決めたことなら、最後までやり切るべきです。

特別な事情がある方以外は、卒業式の前に就活を終わらせてください。

専門学生の就活については「専門学校の就職活動の流れを紹介!【大学との違いも解説する】」を参考にしてみてくださいね。

思い出作り

卒業式までに、たくさん思い出作りをしてください。

やる気を削ぐようで申し訳ないのですが、社会人になると学生時代の友だちとは疎遠になります。

具体例:それぞれ忙しいですし、仕事で疲れが溜まるので、休日に外出しようという気力もなくなります。

「友だちと会うのは年に一度の同窓会だけ」という社会人の方も、少なくありません。

時間のある学生の内に、素敵な思い出を作ってくださいね。

まとめ

まとめ

以上が、専門学校の卒業式に関する記事でした。

専門学校の卒業式は、中高までとほぼ同じです。

先生の話を聞いて卒業証書を受け取るくらいなので、緊張する必要はありません。

きちんと正装はしつつも、気軽に臨んでOKです。

卒業式を晴れやかな気持ちで迎えられるかは、あなた次第です。

就活を終わらせ、思い出をたくさん作って卒業の日を迎えてください。

卒業式を終え、社会人になってからも輝き続けてくださいね!